法人の異動届他(税務署)【休眠・個人成り】

個人成りの際、税務署に提出する法人関係の書類は、次の2種類です。

  • (法人の)異動届出書

  • 給与支払事務所等の廃止届出書

どちらもカンタンに書ける書類です。

自宅や会社で記入して、税務署に持っていきましょう。

税務署に提出する書類(法人分)

異動届出書

国税庁のサイトでダウンロードできます。

記入する内容も簡単です。

参考に私が記入した例を上げます。

法人の異動届

オレンジ色の〇の箇所を記入し、異動事項に「休眠」と休眠した日付を記入しました。

簡単な書類です。

提出は「異動等後速やかに」行います。

給与支払事務所の廃止届出書

こちらも異動届出書と同様に国税庁でダウンロードできます。

開設・移転・廃止の届けが共通の様式なので、廃止に丸をします。

下は私が記入した例です。

給与支払事務所の廃止届出書

 

消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書

消費税

この他に税務署に提出する書類として「消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書」があります。

消費税の納税義務者でなくなった旨の届出書【個人成り】
消費税の納税義務者でなくなった時=免税事業者になる時に税務署に提出する書類です。 事業をやめたり売上が低迷して、年間売上が1000万円以下になった場合に提出します。 ただし、翌年の売上によっては※免税にならないケースがあります。 ...

提出は法人の売上が1000万円以下になった年度が終わってからです。

確定申告が終わらないと提出できません。

一番早くても、確定申告と同時に提出です。

コメント

  1. 鈴木喜芳 より:

    大変興味深く読ませて頂きました
    僕も個人成りをしたいからです
    法人名義の不動産が二つ残っています
    これは、どうしたら良いか術はないものか?知恵をお授け下さい

    • くう子 より:

      鈴木様
      法人名義の不動産ですか…厄介ですね。
      他の資産と同様に、個人で買い取って名義変更するのが正しい方法だと思います。
      未払の役員報酬と相殺するとか、株式会社なら出資金を返還してもらうとか、できるだけ現金を動かさない方法はあるでしょうが、不動産売買に伴う税金は発生しますね。
      他には、事業は個人に移行するけど、不動産のために法人を残し、個人が借りて月々賃料を払う。(面倒くさいですね。)
      わたしは経理係やってるだけの素人ですので、税理士さんなどプロに尋ねてみられた方が良いと思います。