法人、個人、車両と保険の名義。自動車保険を安くするには。

法人成りor個人成りの時に、車両と保険の名義を同時に変更すれば等級を引き継ぐことは可能です。(運転者が変わらないなどの条件あり)

*私の場合、最初の法人成りの際にそのタイミングを逃してしまいました。

法人と個人では契約が違う

自動車保険の名義、どうしていますか?

私は法人名義の車両で、個人名義の自動車保険をそのまま継続して使用していました。

車両名義は法人です。(使用者も法人。)なので、税金は法人で支払っていました。

自動車保険も法人名義にすべきなのですが、ずっと無事故で等級が高く保険料が安かったので、そのまま使用することにしました。

個人名の自動車保険料を法人で支払うことについては、税理士先生から

保険料節約という明確な理由があるので問題ない。

との指導を頂きました。

問題は、保険会社に受け入れられるかどうかでした。

保険会社により対応が違う

ずっと加入していた保険会社(通販ではない日本の会社)では、

「法人名義の車両に個人名義の保険で契約は出来ない」ので、

  • 法人名義で新規契約する
  • 個人の保険は、等級を継続したければ一番安いプランで掛け捨てる

この2点を提案されました。

無事故で等級が高い保険に比べ、新規の保険では保険料が話にならないくらい高いです。

少しでも安くと、通販型の外資系に電話を掛けても「法人名義の車両は扱っていない」と断られました。

ダメ元で、別の会社(外資系通販、法人契約取り扱いあり)に相談したところ、

車検証に『車両の名義は法人ですが、個人が使用します。』と記入することで、「法人名義の車両に個人名義の保険」で契約することが出来ました。

個人なら安い自動車保険が選び放題

昨年、個人成りに伴い車両の名義が個人になりました。

この手続きは電話で簡単に済みました。後日、変更内容のお知らせハガキが届き完了です。

これで、次の更新では個人向けしか扱っていない通販型から安い保険を選べます。

そして先日、自動車保険の更新お知らせのハガキが届いたので、一括見積を試してみました。

見積サイトは色々ありますが、私が今回利用したのはこちらの《自動車保険一括見積もりサービス》です。

もちろん見積もりは無料です。

ネットで見積もり&契約は簡単で便利

自動車保険一括見積もりサービス サイトで、「一括見積スタート」というバナーをクリックします。

表示される質問に順番に答えていくだけなのでカンタンです。

更新ハガキ(車検証と保険証券)を見ながら必要事項を入力します。

すぐその場で数社、最大で20社の見積もりが表示されます。

私は、表示された見積一覧から、ロードサービスなどサポートが手厚いものを選びました。

正直言って、あまり期待はしてなかったのですが、ビックリするくらい安くなりました。

今まで支払っていた金額は何だったんだろうと思います。

これは知らないと損をします。〇万円は大きいですよ。

>>一番安い自動車保険がわかるサイトはこちら

緑ナンバー、黒ナンバーの事業用車両もネットで申し込みできます。

最短で即日加入可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク